toggle
2022-04-28

戯曲を読む会Vol.5を開催します!

好評「戯曲を読む会」、第五弾はちょっと番外編!

「戯曲を読む会」は、みんなで集まって戯曲を読む、ただそれだけの会です。

演劇の設計図、「戯曲」は読むと結構面白いです。
でも、一人ではなかなか読みづらい。
だから、みんなで集まって音読したらよくわかるし、
面白くて、楽しくて、いいんじゃないかと思いました。
演劇好きな人はもちろん、ぜんぜん知らない人にこそ
来ていただきたいです。

読む戯曲は「外郎売 ういろううり(1718年)」

俳優や声優、アナウンサーの滑舌練習として有名な「外郎売」。聞いたことはあるけど中身はあんまり、という方も多いのではないでしょうか? 歌舞伎十八番であるこの作品は、早口言葉だけでなく言葉遊びや心地よいリズムなどが特徴のとても味わい深い名台詞です。

サラッと読めば3分くらいで読めちゃうこのセリフを、意味をとらえながらゆっくりじっくり時間をかけて味わってみましょう。

俳優の練習だけでなく、読み聞かせやスピーチなど、人前で話す必要のある方にとって外郎売はよい基礎練習になると思います。

そのイントロダクションとして、どうぞ「読む会 Vol.5」にお気軽にご参加ください。

戯曲を読む会 Vol.5「外郎売 -ういろううり-」(作:二代目市川團十郎)

日時:5月13日(金) 19:30-21:30
場所:A T E L I E Rブリコラージュ 福島市置賜町8-30カスタムビル2F
定員:10名程度(要予約)
参加料:1,000円(学生500円)

お申込みは下記の予約専用フォームから送信ください。
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。