----------------

profile

シア・トリエ

1996年、福島大学演劇研究会を母体に満塁鳥王一座(まんるいとりきんぐいちざ)として旗揚げ。2015年からは、シア・トリエに名称を改める。福島県福島市を活動の拠点として、ポップとアート、古典と新作の間をうろうろしたりミクスチャしたりしながら、演劇表現の追求と探求を目的に活動中。

結成当初より、新たな出会いを求めて県内各地のほか青森・東京・大阪・福岡など全国各地で公演を行う。また、2016年にはドイツ・ミュンヘン市、2019年に韓国・禮山郡において海外公演も実施。

代表作に、東日本大震災・東京電力福島第一原子力発電所事故の福島のとまどいをビビッドに表現した「キル兄にゃとU子さん」、ギリシャ悲劇を閉塞した地方都市の復讐劇に置き換えた「エレクトラ」など。

近年は、地元福島市の商店街と協働した劇づくりにも積極的に取り組む。福島市・県庁通商店街が行う、闇市をモチーフにした昭和レトロイベント「夜見市(よみいち)」の会場内において、短編街頭音楽劇「愛善かつら」「君の名は」を上演。イベント空間にエネルギーに満ちた雑多な雰囲気を創出した。

大信ペリカン(演出家 劇作家 シア・トリエ代表)

1975年兵庫県生まれ。大学在学中より演劇活動を始める。1996年満塁鳥王一座(現:シア・トリエ)を旗揚げ。以来、ほぼ全ての作品の作・演出を手がける。シア・トリエの活動以外にも、劇都仙台2007 第10回演劇プロデュース公演「ミチユキ→キサラギ」(作:中澤日菜子)の演出や、SENDAI座☆プロジェクトでの作演出、ロメオパラディッソ公演の作演など外部作品多数。また、いわき芸術文化交流館アリオス主催のバックステージツアー「たんけんアリオス」における構成演出や、主に高校生を対象とした戯曲ワークショップ「いわきアリオス演劇部」講師・演出など、アウトリーチ活動にも積極的に関わる。