toggle

ATELIERブリコラージュについて


人生に、試行錯誤ブリコラージュを。

ATELIERブリコラージュは、福島県福島市にある、
文化と生活が交差するスペースです。

シア・トリエを母体とした
ボランティアスタッフが運営する
小さな空間ですが、
訪れる方の居心地がよく、
出会いと発見に満ちた、
ブリコラージュ(試行錯誤)の場を
目指しています。

アトリエの名称である「ブリコラージュ」は、フランスの文化人類学者・クロード・レヴィ=ストロースが提唱した言葉で、「あり合わせのものを寄せ集めて自分で作る」という意味です。英語では「DIY(Do It Yourself)」がこれに当たります。

対立する概念に「エンジニアリング(Engineering)」がありますが、エンジニアリングが「設計図」を出発点に「必要な材料と方法で意図するものを作り出すこと」であるのに対し、ブリコラージュは「たまたまそこにあるもの」を「組み合わせる」というところに違いがあります。

このように、ブリコラージュは遠回りで合理的ではありませんが、その分驚きや発見、創造性に満ちた豊かな行為であると言えます。日本語にするのは難しい言葉ですが、わたしたちはそれを「試行錯誤」と解釈しています。

効率や効果が優先される現代に「ブリコラージュ」という無駄や遊びに満ちた空間があることで、新たな刺激を街にもたらすことができるのではないかとわたしたちは考えます。

また、これが地方都市にあることで、従来、生活とはどこかかけ離れた印象のある「文化」や「芸術」が、地に足のついたものとしてこの土地で根付いていくのではないかと、私たちは意図しています。


どんな利用法があるの?

1.様々な活動の発表の場

小規模の演劇はもちろん、お笑いライブ、アコースティックライブ、美術や写真などの展覧会、セミナー、発表会などが開催できます。また、レッスン会場や会議、ミーティング会場としてもご活用いただけます。

>>詳しい利用法はこちら

2.演劇鑑賞などによる出会いの場

レンタルスペースとしての利用に加えて、運営元のネットワークを活かしたさまざまな自主事業を開催します。全国各地の面白い演劇をはじめ、講演会、ワークショップなど多様 な自主事業を実施し、集まる方のネットワークづくりをお手伝いいたします。

>>アトリエスケジュールはこちら