toggle
2022-05-20

戯曲を読む会Vol.6を開催します!

好評「戯曲を読む会」、第六弾はまたもや番外編!

戯曲を読む会は、みんなで集まって戯曲を読む、それだけの会です。

演劇の設計図、「戯曲」は読むと結構面白いです。
でも、一人ではなかなか読みづらい。
だから、みんなで集まって音読したらよくわかるし、
面白くて、楽しくて、いいんじゃないかと思いました。
演劇好きな人はもちろん、ぜんぜん知らない人にこそ
来ていただきたいです。

読む戯曲は「シェイクスピアの名台詞!」

出ましたよシェイクスピアが。

さて、言わずと知れたシェイクスピア(1564-1616)ですが、いざ戯曲を読むとなるとまぁまぁハードル高いですよね。長尺の作品も多いし。

というわけで、名言至言を数多く残したシェイクスピアの、おいしいところだけをつまみ食いしましょう!というのが今回の趣向です。

案内人の大信ペリカンもさほど通じているわけでもないので、作品の解説なんかはウィキペディアレベルですが、名台詞を声に出して読んでみて「うまいこと言うねぇ」「気持ちいいねぇ」と一緒に感激したいなぁと。

「ブルータスお前もか」(なにが?)
「どうしてあなたはロミオなの?」(ロミオだからでしょ?)
「生きるべきか死ぬべきかそれが問題だ」(どうした!)
人生は歩きまわる影法師、あわれな役者だ」(そ、そうか・・・)

あの名台詞って、こういうシチュエーションで発せられていたの!? と、発見がたっぷりの会になることでしょう。
どうぞお気軽にご参加ください!

戯曲を読む会 Vol.6「シェイクスピアの名台詞を読む」

日時:6月10日(金) 19:30-21:30
場所:A T E L I E Rブリコラージュ 福島市置賜町8-30カスタムビル2F
定員:10名程度(要予約)
参加料:1,000円(学生500円)

お申込みは下記の予約専用フォームから送信ください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。