toggle
2022-10-31

ミチゲキ×戯曲を読む会特別編(Vol.10)を開催します!

「戯曲を読む会」は、毎月第2金曜日開催ですが、今回は第2土曜の開催!!

今回は特別編!
福島の若手劇団、きのこ集団Protomass 代表 「髙橋成知作品を読む」を開催します。

戯曲を読む会は、みんなで集まって戯曲を読む、それだけの会です。

演劇の設計図、「戯曲」は読むと結構面白いです。
でも、一人ではなかなか読みづらい。
だから、みんなで集まって音読したらよくわかるし、
面白くて、楽しくて、いいんじゃないかと思いました。
演劇好きな人はもちろん、ぜんぜん知らない人にこそ
来ていただきたいです。

読む戯曲は髙橋成知作品

東北六県の若手作家の作品を各地巡回する日本演出家協会の企画「ミチゲキ2022」福島公演において、福島代表として各地の話題を呼んだきのこ集団Protomass。彼らの持ち味であるナンセンスな劇世界で各地の観客を不思議な魅力へ誘いました。

髙橋成知 氏
1998年生まれ。福島県三春町出身・在住。
2015年、郡山市内の高校演劇部有志で「きのこ集団Protomass」を結成し、代表、脚本、演出、音響を務める。郡山市、福島市を拠点に活動中。
不条理系とオカルトとお笑いが好き。コソコソ生きてます。ア、ジャドーズのレコードを探してます。

読む会初の作家降臨! みんなで読んだ後は作家も交えて感想を語り合いましょう。

また、終了後には同会場で交流会も予定しています。お時間ご都合つく方はぜひそちらもご参加ください!

戯曲を読む会 特別編「髙橋成知作品を読む」

日時:11月12日(土) 19:00〜21:00(戯曲を読む会)
21:00〜(交流会)
場所:A T E L I E Rブリコラージュ 福島市置賜町8-30カスタムビル2F
定員:10名程度(要予約)
参加料:1,000円(学生500円)

お申込みは下記の予約専用フォームから送信ください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。