toggle
2022-07-05

戯曲を読む会Vol.7を開催します!

好評「戯曲を読む会」の第七弾は、
別役実、清水邦夫に続く、
日本小劇場演劇クロニクル「第一世代」編!

戯曲を読む会は、みんなで集まって戯曲を読む、それだけの会です。

演劇の設計図、「戯曲」は読むと結構面白いです。
でも、一人ではなかなか読みづらい。
だから、みんなで集まって音読したらよくわかるし、
面白くて、楽しくて、いいんじゃないかと思いました。
演劇好きな人はもちろん、ぜんぜん知らない人にこそ
来ていただきたいです。

読む戯曲は「身毒丸」

東北が産んだ日本演劇界のレジェンド寺山修司です。

主催した劇団、天井桟敷での活動のみならず、映画、テレビ、短歌・俳句・詩、小説、評論などマルチに才能を発揮しました。「言葉の錬金術師」の異名を持つ寺山の言葉は、圧倒的な情感と強いメッセージ性で読むものの心を揺さぶります。

『身毒丸』は、天井桟敷公演として1978年に紀伊國屋ホールで初演されました。後に蜷川幸雄演出で上演された際には、武田真治、藤原竜也が主演を務め、話題を呼びました。ちなみに、藤原竜也はこれがデビュー作です。

みんなでテラヤマワールドを存分に味わいましょう。
どうぞお気軽にご参加ください! 「聞くだけ参加」も大歓迎です!

戯曲を読む会 Vol.7「『身毒丸』を読む」

日時:7月8日(金) 19:30-21:30
場所:A T E L I E Rブリコラージュ 福島市置賜町8-30カスタムビル2F
定員:10名程度(要予約)
参加料:1,000円(学生500円)

お申込みは下記の予約専用フォームから送信ください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。